DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  買い逃した「+DESIGNING」は電子書籍で…  2016.05.02.Mon / 08:03 
またまたご無沙汰してしまいました…(恒例のあいさつ?)

発売から日が経ってしまいましたが、「+DESIGNING」のVol.41およびVol.40にて記事を執筆させていただきました。

pd41.jpg

Vol.41では「デザイン・DTPの新常識」にて、InDesignおよびIllustratorのTipsの執筆と一部ページの編集を担当しました。

des41_06.jpg

企画の裏テーマ(?)は「脱・初心者」。一通りアプリケーションの使い方やデータの作り方はマスターした方に、「イマのやり方」や「新しい機能を使った効率的な方法」などの「次の一歩」をお伝えすることを企図した構成になっています。

また、制作環境などについても取り上げていますので、「制作以降」の工程を担当されているDTPerの方にも「今の制作事情」を知るためにぜひ読んでいただきたいです。もちろん、ベテランの方に「新機能の再確認」をしていただける内容になっています。

pd40.jpg

Vol.40では「きれいなデータはトラブル知らず! デザインデータ制作マニュアル」として、InDesign・Illustratorを使った印刷用データ作成時の注意点について執筆しました。

des40_11.jpg

ほかの記事と比べて文字数が多い気がしますが、InDesignとIllustratorを使って印刷用データを作成する際に注意したい項目を可能な限り列記しました。

すでに多くの方にご購入頂き、Vol.41はアマゾンのDTP書籍部門で第1位を獲得、Vol.40はすでに完売となりましたが、「マイナビブックス」では電子書籍版を購入することができます。

こちらで販売されているのは画像化された電子書籍ではなくPDF版の電子書籍。PCをはじめ好きなデバイスで閲覧することができますし、拡大すれば細部まで精細に閲覧できます。

残念ながら印刷系の記事で網点を確認したり付録の小冊子を閲覧することはできませんが、アプリケーション系の記事を確認したいときにすぐに閲覧できるは非常に便利だと思います。

PDFとして販売されている+DESIGNINGはVol.37以降になりますが、どの号にも必見の記事が多数掲載されています(某所でプレミア価格となっているVol.38も定価で入手できます)。GW真っ最中のこの時期、知識の復習を兼ねてご覧いただけると幸いです。

マイナビブックスさんで販売されている+DESIGNINGの一覧はこちらから。
スポンサーサイト
No.479 / 業務日記 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  【Illustrator】Windows用collect for outputの動画  2016.02.02.Tue / 08:33 
Illustratorでリンク(配置)画像を収集できる、Windows用collect for outputを実際に操作したデモ動画です。以前録画してTwitterではお知らせしていましたが、コッチで案内するのを失念してました。

AdobeのWebサイトでの解説は「サンプルスクリプトを使用して配置画像を収集する方法(Illustrator CS4/CS5)」をご覧ください。


Youtubeのページはこちら

Mac版とWindows版では動作が異なります。また、動画ではIllustrator CCを使用していますが、これは「インストールされているなかで一番新しいIllustratorで動作する」ためです。

ドキュメントも上位バージョンで再保存されますので、下位バージョンをお使いの場合はドキュメントだけ差し替えてから入稿してください。くれぐれも「バージョンダウンは厳禁」で。

CC以降をお使いの方は「パッケージ」機能を使ってくださいね。こちらの方が動作が速くて安心ですヨ。
No.478 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
InDesignの「パスファインダー」→「シェイプを変換」の「直交線」(パスファインダーパネルでは「垂直または水平の線に変換」)を使って、円に各頂点が接する多角形を描く方法。

160116_00.jpg

作例は六角形ですが、応用すれば三角形から全ての多角形に対応可能です。
▽Open more.
No.477 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  【MacOS X】パスポート・LETSのフォントを整理する  2015.12.09.Wed / 22:23 
だいぶご無沙汰してしまいました…
その間の成果は、+DESIGNING Vol.40の巻末の方に…(宣伝)

パスポートやLETSなどのサービスでフォントをインストールすると、かなり多くの書体がインストールされます。
これらを整理するために、まずはインストールされたフォントだけを一ヶ所に集めたいですよね。

151209-1.jpg

というか、こんなにフォントがインストールされてる状態ではシステムへの負荷が心配(Adobe CCでもフォント選びにくいし…)。

こんなときには、Font Bookの「標準フォントを復元」コマンドを使うと、OS X標準フォント以外を「Fonts」フォルダから別のフォルダに移動させることができます。

151209-2.jpg

なので、パスポートやLETSのフォントをインストールした直後にコマンドを実行すれば、インストールしたフォントをまとめられます。

コマンドを実行すると、

151209-3.jpg

というアラートが表示されますので「続ける」を押すと、各「Fonts」フォルダ(library・user/library)と同階層に「Fonts (Removed)」フォルダが作られ、そちらに純正以外のフォントがまとめられます。

151209-4.jpg

このフォルダ内のフォントをフォルダに分けて整理し、必要なフォントだけを再度Fontsフォルダにインストールしたりすれば整理しやすくなると思います(自分は、最終的にはFontExplorer X Proで管理&整理してます)。

Fontフォルダの整理はFontExplorer X Proを使う方法もありますが(参考)、Font Bookでの方法の紹介でした。
No.476 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
アドビ コミュティフォーラムの
「アウトラインをとったら透明だった文字ボックスにグラデの色がついた」より。

エリア内文字のテキストをアウトラインすると、文字がアウトライン化されると同時にテキストエリアオブジェクト(テキストボックス)に色が付く、というトラブル。

08.jpg
フォーラムでも回答しましたが、原因と対策方法をまとめてみました。

原因を推測する際、「illustrator CS5 テキストボックスについて」(Yahoo!知恵袋)を参考にしました。
▽Open more.
No.475 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)






■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ADs

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】120*90







CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。