DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  【JeditX】AutomatorでWordの文書を変換  2006.11.20.Mon / 19:01 
最近、Wordで原稿を書かれる方とのお付き合いが増えてきました。
が、個人的な理由でMac版のMicrosoftWordは持っていなかったりします(単純にそこまで手が回らないだけですが)。

「テキスト形式で入稿してください」と言おうかと思ったのですが、「改行つき」でテキスト保存されたりすると余計に面倒なので、Wordの文書をJeditXで開いて作業しています。OS9で作業する場合は、テキスト形式に変更したものをOS9環境に渡してマス。

とはいえ、毎回、特定の文字を全角→半角もしくは半角→全角に置換して、テキスト形式で保存し直すのも面倒なので、Automatorを使ってドロップレットのアプリを作ってみました。

コレ
(MacOSX10.4でZip圧縮。非アプリケーション形式のファイル(.workflowファイル)同梱)

使い方は簡単。JeditXで変換したいWordの文章を開き、ダウンロードした「Jedit-プレインtxt保存」アプリケーションをダブルクリックするか、アプリケーションアイコンにドラッグ&ドロップすると、自動的に変換が行われます。
変換完了後、プレインテキストの保存場所を訊いてきますので、任意の場所に保存してください。

それからプレインテキストに変換するトキ、何故か「~」の文字が変換できないことがあったので、「~」文字をShift-JISコード表から引っ張ってきた文字に変換するようにしてあります。
そのため、当該文字がない場合にアラート音が出ますので、あしからず。

なお、全角→半角/半角→全角の文字変換は自分の好みの状態になっていますので、変更したい方は「Jedit-プレインtxt保存.workflow」をAutomatorで開いて編集してください。

例によって、使う場合は自己責任で。
「文字が欠落して事故りました」とか言われても、責任はもてません。

なお、JeditXはシェアウェアですので、
このAutomatorワークフローを継続して使う場合は、JeditXのライセンスを
必ず購入してください。

それから、オイラへの陰膳は不要ですが(ウソ)、
Jeditの作者、アートマン21 松本さんへの感謝も忘れずにね、とw
No.118 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。