DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  【Parallels Desktop for Mac】使用雑感  2007.04.16.Mon / 16:03 
OSX(10.1)の頃、デュアルブートマシンで作業していたことがあるのですが、仕事によってイチイチ再起動してOS9に切り替えなくてはならず、不便な体験をしたことがありました。
そのため、IntelMacを購入したら試してみたい(?)BootCampですが、イチイチ再起動しなくてはいけない点がネックになり、導入を躊躇していました。

そこで、Parallels Desktop for Macをインストールしてみました。
HDDと一緒にOEM版のXPを購入する際、HomやProfessionalではなく、MCEを購入してしまった、というのはヒミツ(笑)。※

とりあえず試用版を入れてみたのですが、ちょっと前のエミュレータと違い、即日購入を決めたほどの出来でした。キーボードもAppleK for Parallelsを入れれば、Macと「ほぼ」同じように使用できます。
体感速度も、自作のAthlon1.25Ghzマシンより速く感じます。>比較対象が違う?
まあ、使用目的がWord原稿のチェックやFTPのアップロードテスト等の軽作業なので、この位で十分というのもある、カモ。

ケヌキブログさん挙げられていた
ファイルのやりとりはParallels Toolsという追加アプリケーションを使って、任意のフォルダをシェアさせることで実現できます。残念ながら、ドラッグ&ドロップによるやりとりはできません。
に関しては、もともとネットワークHDDを使用しているので特に不便は感じませんでした。

Parallels起動中は光学ドライブが横取りされる(ディスクを挿入するとParallels上のWindowsにマウントされてしまう。設定を変えればMacOS上にマウントされる)のと、Windowsの仮想ディスクが/Users/ユーザー名/Library/Parallelsに置かれるため、ユーザーフォルダを完全コピーする形でのバックアップ時にバックアップ容量が増えてしまうのが不便と言えば不便なトコロ。

パッケージ購入に約2万円、AppleK for Parallelsのライセンスに1500円かかりますが、再起動せずにWindowsが使えることを考えれば、導入しても損はないと思いますヨ。
特にWindowsを使ったことのないMacユーザーなら、BootCampよりもインストールが簡単なのでさらにオススメできます。

070419-01.jpg
 XPイスント中。Macの中でWindowsが動くのはある意味感動的ですな

※ググれば出てきますが、XP MCEをBootcampにインストールする方法はコチラなど
No.132 / Macintosh /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。