DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  Re:無償の善意が現場にとって悪意とされるストレス  2008.12.22.Mon / 02:20 
無償の善意が現場にとって悪意とされるストレス/ブックマークコメントに反論(印刷通販運営日誌)につけた「はてなブックマークのコメント」の補足。

 受注額が抑えられている物件の場合、作業を効率化しコストを削減しなければ利益は出ません。
 そのため作業効率の向上が現場にとって何よりの命題であり、効率化を阻害する要因は徹底的に排除しなくてはならず、「善意」や「営業上の要求」であっても、利潤を低下させる要因は排除されるし、工程担当者からは拒絶されることになります。

 排除出来ない要因であれば、効率を低下させないように工程に組み込むことが必要であり、作業工程の見直しが必要になります。いわゆる「カイゼン」です。

 営業上必要なことであれば「カイゼン」すべきでしょうし、それを提起したいのであれば「効率化を阻害しないように」おせっかい(内田樹の研究室)から始めれば良いのでは?

 もし「カイゼン」を喚起せず、利潤を圧迫するのを承知の上で行っているのであれば、「悪意」と言われても致し方ないのではないではないでしょうか。

 また、「完全データの作成は、ご利用者の義務です」と謳われていますが、PDF/Xに準拠したデータであってもその出力が100%保証されない現状では、個々の印刷条件に最適化したデータを、その条件における「完全(入稿)データ」と呼んでいるに過ぎません。

 たとえば、御社の入稿前の最終チェックにある、

・ドキュメント設定はデザインより大きく設定されてますか?
・すべてのレイヤー及びオブジェクトはロックを外しましたか?
・すべてのフォントはアウトラインをとりましたか?
・正しいトリムマークを使用しましたか?
・ドロップシャドウ、ブレンドや特殊効果使った場合は、分割をしていますか?

 は、別の印刷条件では必須のチェック項目ではありません。

 このような状況下では、「完全データ」の定義が乱立し、制作側は個別の対処を求められるため、無用な「軋轢」を招くことにもなりかねません。

 安価に受注して利益を上げられる体制が整っていない(と推測される)状況で四苦八苦していることを告白されても「?」でしかないですし、そこまで無理をして「コストの叩き合い」をしていることが、業界内に無用な軋轢を生んでいると考えたので、「これはひどい」タグをつけさせていただきました。
No.228 / 業務日記 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from 詠人知らず

安いに越したことはないのですが、何でもかんでも安くできちゃうと勘違いされちゃうのが困ります。
まぁ、お客さんは素人ですから、印刷の違いが分からないのは当然ですが。
説明してもなかなかわかっていただけない方もいて…
「なんでカラーより特色1色の方が高いの?」とか…
名刺なんて「○○万円です」というとびっくりされちゃうので、さっぱりデザイン料を取れないし…

2008.12.22.Mon / 11:47 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from あかつき

>詠人知らず さん
>何でもかんでも安くできちゃうと勘違い

 専門知識が必要な業界ですから、前提条件を抜きにして「高い?安い?」の論議が始まってしまうと色々キビしいですよねぇ。
「価格破壊」でこの辺りの話も破壊されてしまったように感じられて…

2008.12.24.Wed / 01:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.