DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  【InDesignCS3】合成フォントでベースラインがズレた  2009.04.30.Thu / 00:50 
最近なにかと話題(?)の合成フォント。

ちょっと前の案件(リンク先AD)で遭遇したトラブルです。
※某所で書いたものを加筆・修正してアップしてます。

090427-1.jpg

左がトラブルが起きているデータ。右が正しいデータ。
InDesignCS3で作成。PDF書き出ししてキャプチャを撮りました。

境界線で囲った部分の数字のベースラインが上がってます。
両方とも合成フォントを使用していますが、合成フォントの設定は一切変更していません。
作業して保存して閉じて開いて、気がついたら変わってました…

ベースラインを調整するにしても、またまた変わってしまう可能性を考えると怖いなぁ。

……と書きながら調べていたら、

InDesign 1.0J (Mac/Win):text:
合成フォントで使用されている「半角文字」のフォントを変更すると文字間が不正になる

(アドビサポートデータベース)

の「1.全ストーリーの再描画」でベースラインのズレが直りました。
とはいえ、原因不明でイヤな感じです。上記の原因にあてはまるようなコトはしてないし……

それから、自分の環境では一度この現象が出現したドキュメントは、全ストーリーの再描画を行っても再度(数回?)ベースラインがおかしくなりました。
校了後、印刷会社に入稿するためにパッケージを行う前に、ドキュメントに対し全ストーリーの再描画を行いましたが、印刷会社で開いた時点でベースラインがズレないかちょっと心配でした。

元々の合成フォントの設定を行ったのがInDesign CS2だったような気もするし(覚えてない)、設定名が「MB101-B+Helvetica」とか「新ゴM+ネオツディ-Helve」とかあまりとてもよろしくなさそうな名前だったり、と運用方法に問題がある気もしますが、ハマるとやっかいなトラブルなのでエントリにしてみました。
No.240 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。