DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
InDesignでExcelの表組を読み込む(配置)と、Excelの「セルを結合する」で結合された複数のセルをInDesignを使って1つのセルに変換することができます。

コトバで表すとちょっとわかりづらいので下記のサンプルを見て下さい。
090728-1.jpg

一見、普通のエクセルの表組みに見えますが、拡大してみると……
090728-2b.jpg
約30行くらいしかない表組みなのに、1442行もある…
実はこれ、約10セルをセル結合して1セルとして使っているんです。

※実際の業務で使用しているデータのため、テキストは消去してあります

おそらくVBAかなんかで自動生成された表組みだと思うんですが、後々の使い勝手を考えていない素晴らしい作り……実際の仕事では、このデータをExcelでテキストを処理してからInDesignでデザイン処理を行うため、このままでは全く使い物になりません。

ですが、この表をInDesignにそのまま読み込ませる(配置)と、「セルを結合する」で結合された複数のセルを1つのセルに変換して読み込んでくれます。
090728-3.jpg
上のサンプルと同じ造りのデータをInDesignに配置してみました。結合されたセルを1つのセルとして読み込んでいます。

そしてこの表組のテキストを再度Excelにコピー&ペーストすると…
090728-4.jpg
セルの結合は解除されていますが、位置関係は保持されています。
この状態になればExcelでの編集もラクに行うことができます。

これは、InDesginの表組機能がExcelと違って「その時点での列数と行数で表を管理している」仕様のために使える方法です。
実は、この仕様のおかげでInDesginの表組機能ってイマイチ好きになれなかったのですが、この案件のおかげでちょっとだけ見なしました(笑
No.269 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。