DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  PDF/Xに…(エントリー閉鎖)  2005.10.31.Mon / 15:12 
※思いつくままにエントリを起こしたのですが、内容に錯誤がありましたのでエントリを起こしたときの文章を「追記」に移動しました。
 自戒の念をこめて、上記のような措置をとりました。自分のBlogとはいえ、軽はずみな発言をしてすいません。

(2005.11.02 2230 エントリーを起こした時の文章を「追記」に移動)

ちょっと思いついたので…

PDF/Xって「透明効果の使用不可」・「フォントはすべて埋め込み」・「CMYK+特色(PDF/X-1aのみ)」とかで規定されていますが、
RIPのバージョンによって規定する
ってのはどうかなぁ、と。
グラデーションとかグラデーションメッシュとかのトーンジャンプを起こしやすい部分など、出力結果を予想しにくい部分を排除するにはコッチのほうが制限しやすいと思うんだけど。
以上、午睡刻の妄言でした。

(2005.10.31 1630 一部修正)
No.27 / 業務日記 /  comments(6)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from CL

現実問題、3011のRIPだと怖いとかあるみたいです(PDF 1.4流せないし)。

2005.11.01.Tue / 00:52 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from あかつき

RIPのバージョン=Postscriptレベルと考えていたのですが。
グラデーションやらなんやらで問題が起こるのなら、PostscriptLevel2互換のPDF1.3とか作れないかなあと。で、Distillerのジョブオプションの「互換性のある形式」みたいな感じで、「互換Postscriptレベル」を指定、もしくはAcrobatのプリフライトでPostscriptLevelでの制限をかけるとか、出来ないものかと考えました。 >って素人考え過ぎますかねえ。

>3011のRIPだと怖いとかあるみたいです(PDF 1.4流せないし)

CLさまのブログの過去ログにありましたね。自分トコのRIPのバージョンを把握しておかないと、「ウチでは出たのに、何で出力できない!」とかクライアントさんから言われそう…

2005.11.01.Tue / 12:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from CL

あれ、秘密チェックつけてしまいました。しょうがないのでもっかいかきます。

Distiller の グラデを置換するというオプションが、グラデーションをスムーズシェーディングに変換するって言う意味ですが、入力する PS の方で既にスムーズシェーディングを生成するコードになっていると無意味だったりします。

2005.11.01.Tue / 14:02 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from あかつき

CLさま

おバカなオイラにお付き合いいただき、ありがとうございます。
グラデーションオブジェクトはグラデーションオブジェクトのままPDFにしたほうが、あとあと使いやすいのかなぁ、と考えたのが本エントリーの発端です。

「入稿データはグラデーションで、スムーズシェーディングへの変換は後工程(製版工程)で対処する」ほうがトーンジャンプの問題に対処しやすくなるのではないかなあ、と。
で、他にもあるであろう出力時の問題も、意図的にPostscriptのレベルを落とすことで安定するのでは?と考えた次第です。
Acrobatのプリフライト的には、AdobePostscript3でしか解析できない機能を使用しているオブジェクト自体をエラーとしてチェック(PDF/X-1aでのRGB画像使用部分のエラーチェックみたいに)させてはどうかと思いました。

エントリを起こしておいてなんですが、考え自体が間違っていたら遠慮なく「ダメ」と言ってください。

PS ひみつチェックをブログオーナー権限で外そうとしましたが、外す機能自体ありませんでした。

2005.11.01.Tue / 16:08 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from MM岩手

>「入稿データはグラデーションで、スムーズシェーディングへの変換は後工程(製版工程)で対処する」

私の環境では、後からスムースシェーディングする手だては無いのですがどうしたらいいでしょう?

2005.11.01.Tue / 16:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from あかつき

>後からスムースシェーディングする手だては無いのですがどうしたらいいでしょう?

Distillerオプションの「グラデーションをスムーズシェーディングに変換」で行けるかと思っていたのですが、確認したらダメでした。グラデーション(ブレンド)のままでPDFにしたものをイラストレーターで開いたら、コマぎれのオブジェクトの集合になっていました。グラデーションかスムーズシェーディングか考える以前のハナシでした。
対策を考えず、無責任なコト書きすぎました。

また、最後に自分で書いた、
>変換は後工程(製版工程)で対処する
をするなら、PDFで入稿する必要ってないですね。

どこでも使えるキチンとしたデータを作るにはどうしたら良いか、もう一回考え直してみます。

2005.11.02.Wed / 00:19 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.