DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
自分は5年前まで製版会社に勤務していたんですが、当時使っていたRIPはフォントのダイナミックダウンロードに(基本的に)対応していなかったですし、面付ソフト(某Fの3.5以前)ではPDFの面付もできませんでした。
またInDesignはVer2.0~CSあたりでしたが、上記の問題もあってQuarkXpressとの混在面付も不可でした。

こんな設備でしたのでPDF入稿はおろかネイティブファイル運用も考慮したことはありませんでした。

必要に駆られてWindowsのPageMakerで作られたデータをMacで面付けするために「PageMakerからPDF出力→EPS書き出し→QuarkXpressに貼付け→PS書き出し→面付」などというコトもやりましたが、工数がかかりすぎるのと作業の安定性に欠けるため現実的な選択肢ではありませんでした。

それだけ各種環境が機能強化された証拠とも言えますが、旧い環境で今のデータを出力することはできるのかな?と思ったワケです。

当時の環境で今のデータを出力する場合、ネイティブファイルをEPS形式に再保存したりフォントをすべてアウトラインする必要が出てきます。そうなると「予期せず」制作側が意図した出力結果と同じにならない可能性もあるワケで…

「入稿先がアプリケーションを持っていないならPDFで…」と思っても後工程の設備がPDFに対応できていなければ意味が無いのでこの辺も考慮に入れておかないと、と思いました。
No.296 / 業務日記 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from 詠人知らず

あぁ、某格安印刷屋さんがそんな感じです。
illustratorは10まで、InDesign不可、PDFも不可
あまりにこちらの環境とかけ離れているので、さっぱり使ってないですが

2010.01.15.Fri / 02:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from あかつき@おばな

> 詠人知らず さん

確かに格安印刷屋さんだと多いですね、旧環境。
自分も発注するのを躊躇いますがクライアントからの指定だと困ってしまいます…

2010.01.16.Sat / 16:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。