DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  【InDesign CS5】ホントに痛い持続性  2010.10.07.Thu / 05:29 

NAOIさんのBlogにアップされている「異体字属性あるいは痛い持続性」の件の実例の紹介。先日の勉強会でNAOIさんにご紹介していただいた文字化けの事例に早速遭遇するとは思いませんでした(笑)。

以前作成したCS2のドキュメントを引っ張り出してCS5で開いたところ、
101005.jpg
確認の「認」や情報の「情」の字体が変わっています(元は標準字体)。
CS3で開くと(見た目は)問題はありません。

そこで、ものかのの丸山さんが制作されている異体字チェッカー AppleScript版を使って異体字の使用状況を見てみると、
101005-CS5.jpg
▲CS5での使用状況
101005-CS3.jpg
▲CS3での使用状況

ミドルドット以降のテキストが異体字属性を引き継いでしまっています…
なのでフォントを変更すると
101005-2.jpg
盛大に化けます。しかもはじめに化けていた「認」や「情」は標準字形に戻ってます。

ということで、これからは異体字チェッカーで余計な異体字属性がついていないかを「特に」チェックしておかないと色々と危ないなぁ、と思いました。
最後に、現象を解説していただいたNAOIさん、チェッカーを作られた丸山さんにあらためてお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

実は「異体字チェッカーって何に使うんだろう?」と疑問に思っていましたが(すいません)、とても有りがたいチェッカーだと実感しました。丸山さん、完成を楽しみにしております!
No.343 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。