DTP屋あかつき@おばなの稼業録。

おそらく激しく「既出」な事例だと思いますが、思いっきりやらかした自分への戒めとしてアップ。>しかも自分で作ったデータ(大恥

Illustratorで「効果」メニューの「形状に変換」を使用すると、オブジェクトを特定の形状に変形させられます。特にコレをテキストオブジェクトに適用するとテキストの増減に自動追従するカコミ飾りを簡単に付与できます。

101104-1.jpg

こんな感じ。このトキ、「形状に変換」を適用したアピアランスに「変形」を使用して位置をオフセットさせるとテキストと飾りのセンター位置を揃えることができます。

101104-2.jpg

上の画像だとこんな変形値を適用させてます。変形値の算出方法はこの辺りを参考に。で、このテキストオブジェクトをアウトライン化すると…

101104-3.jpg

アウトライン前/後でバウンディングボックスのサイズが変化するため、とってもマズいことに。
カコミ飾りの高さが変わったのはまだしも、変形値が残っているため上下位置の揃えが激しくズレています。ちなみに変形値を消去すると…

101104-4.jpg

まだ言い訳できる妥協できなくもないレベル…

ということで…
バウンディングボックスのサイズで適用結果が変わる効果をテキストオブジェクトに適用している場合、アウトラインを取ると予期しない変形が起きる
のでよい子のみんなは注意しようね!

アウトラインをとって入稿(使用)する場合は、アウトライン前に「アピアランスを分割」を適用してテキストと飾りを分割しておくんだよ!
ただし、透明効果を併用している場合は透明効果がラスタライズされちゃうからもっと注意してねっ!!

No.349 / DTP /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from とおりすがり

やったことあります・・・・

2010.11.05.Fri / 08:29 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from bergkatze

まだ ver.10 だった頃、ものすごーく込み入った地図にこれと同じ効果を使って、フォントをアウトライン化した上で入校してました。
ただ、当時は RIP が古かった事もあり、OCFフォントのアウトライン化はもとより、アピアランス分割も必須だったので、両方処理して結果的に事無きを得ていたようです(いわゆる『効果』関連を使ったままだとロクな事にならなかったので)。
たぶんアピアランスを先に分割していたのでしょうね。
それとも Ver.10 なら問題無かったのかなぁ……すでに OS9 のマシンが手許にありません(^^;)Mac Pro にもクラシック環境無いし。

2010.11.18.Thu / 23:50 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY
DTP TransitさんにIllustratorでアピアランスの[形状に変換]効果で囲み罫を付けるtipsが紹介されている。 しかし、[形状に変換]効果の形状オプションの元となる数値はどのように決定されているのかは説明されていない。 それが判らない限り数値的に正確なモノは出来ない
2010.11.21.Sun .No29 / なんでやねんDTP / PAGE TOP△

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.