DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
先日はDTP Boosetr 031にご参加いただきありがとうございました。
鷹野さんのセッションおよびDTP Transitさんで紹介していただいた「文字の塗りを残したまま、アピアランスを使う場合には文字属性を最前面に」の補足です。

1.文字アピアランスを含めたアピアランスの並び順を指定してグラフィックスタイルに登録する場合は、文字オブジェクトでアピアランスの並び順を指定して登録します。

2.文字オブジェクトに着色する場合は、オブジェクトに予め指定したグラフィックスタイルを適用してからカラーを変更します。


以下、手順を。
アピアランスの並び順(塗り→線など)を指定して登録する場合、
110801-1.jpg
パスオブジェクトで登録すると、
110801-2.jpg
「文字」アピアランスは最下部に配置されてしまいます。そこで、
110801-3.jpg
テキストオブジェクトを使ってアピアランスの並び順を指定し、グラフィックスタイルに登録します。なお、このグラフィックスタイルをパスオブジェクトに使用しても問題ありません(塗り→線の並び順は維持されます)。
また、これにより文字アピアランスが最上位になっているので、
110801-8.jpg
テキストに異なる色を設定することができます。
110801-5.jpgで、順次スタイルを登録していった例が左のグラフィックスタイル。自分が実際に仕事で使っているものなので色が偏っているのはキニシナイw
ただ、このようにスタイルの量が多いのは不便なので、

110801-4.jpg
基本となるグラフィックスタイルを作成し(ここでは「Base」)、
「文字オブジェクトに着色する場合は、指定したグラフィックスタイルを適用してからカラーを変更する」
といったルールを作って作業すると、アピアランスの並び順が指定できるのではないでしょうか?
特にCS4からはアピアランスパネルから、スウォッチパネル(各アピアランスのカラーをクリック)や
110801-6.jpg
カラーパネル(各アピアランスのカラーをshift+クリック)に
110801-7.jpg
アクセスできるようになったので、以前ほどグラフィックスタイルをスウォッチ代わりに使うことは減ってきました(ただし、アピアランスの並び順を統一するため、上記の手順は必ず使っています)。
No.383 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.