DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
111218-0.jpg

昨日の「DTPの忘年会・2011年」で質問をいただいたのでまとめてみました(会場内で一部の方にデモしていたものです)。

Illustratorでテキストをアウトライン化すると、塗り/線のアピアランスはグループに設定されます。
111218-1.jpg
左がアウトライン前。右がアウトライン後。
グループを解除するとアピアランスが消去されてしまうため、アウトライン化した後に文字を差し替えるのは一見面倒ですが、サブレイヤー機能を使用することでグループを維持したまま文字を差し替えることができます。
1.オブジェクトの概要
サンプルの概要はこんな感じ。
111218-2.jpg
111218-3.jpg
実際に仕事で使用したアピアランスを流用しました。オーバープリントが付いているアピアランスは特色をノセにしています。
が、アピアランスの設定をメモしてグループを解除→文字を差し替え→アピアランスを再設定するのはちょっと面倒…

2.差し替える文字を用意する
まずは差し替える文字を用意します。
111218-4.jpg
文字を入力したらアウトライン化します。
このとき、グループを解除すると同時にアピアランスをすべて消去します。
111218-5.jpg

3.サブレイヤーを表示する
111218-6.jpg
レイヤーパネルのレイヤー名の前にある「▲(横向き)」をクリックするとサブレイヤーが表示されます。
オブジェクトの数が多い場合は、差し替えたいオブジェクトと差し替えるオブジェクトだけを別のレイヤーに一時的に移動しておくと作業がしやすいです。

4.差し替える文字オブジェクトをグループに移動する
サブレイヤーを表示させたら、レイヤーパネル内で差し替える文字オブジェクトを差し替えたいテキストグループにドラッグ&ドロップします。
111218-7.jpg
すると、差し替える文字がテキストグループに加えられ、アピアランスが付与されます。
111218-8.jpg
5.オブジェクトの位置を調整する
あとはグループ内のオブジェクトの位置を調整すれば完成ですが、このような作業を行う場合は「編集モード」を使用すると便利です。
111218-10.jpg

6.まとめ
111218-11.jpg
このやり方は、イラレラボのカワココさん大阪DTPの勉強部屋DTPの勉強会で紹介されていたリボンに文字を追加する方法の変形技(?)です。
サブレイヤーでのオブジェクトの配置位置をコントロールすることで、他にもいろいろな作業がラクになるのでぜひ試してみてください。
No.391 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.