DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
120819-01.jpg

InDesignのグラデーション設定はIllustratorに比べるとちょっと使いにくいですね。というのも、
1.スウォッチからカラーを指定した後、濃度を変更できない
2.濃度を変更するためCMYK値に変換してしてしまうと、スウォッチのカラーを一括変更しても変更できなくなる
辺りがなんとも…

そこで自分は「濃淡スウォッチ」を使って濃度を変更できるようにしています。他にもっと良い方法がありそうですが、覚え書きを兼ねてまとめてみます。

まず、ベースのカラーを選択して「濃淡スウォッチ」を作製します。
120819-02.jpg

これをグラデーションの分岐点に設定します。
120819-03.jpg

これにより、ベースのカラーと変更した濃度のスウォッチがリンクするので、
120819-04.jpg

ベースのカラーを変更すると、濃度設定を維持したままカラーを一括変更できます。
120819-05.jpg

また、濃淡スウォッチをダブルクリックして濃度を変更すると
120819-06.jpg

分岐点に指定した濃淡スウォッチの濃度を随時調整できます。
120819-07.jpg

と、まとめていて気がついたのですが…

グラデーションの設定は「新規グラデーションスウォッチ」を選択して
120819-08.jpg

ダイアログで設定した方が設定しやすいですね。
120819-09.jpg

あと、グラデーションパネルは最後に設定したグラデーションの設定のままなので、標準的なグラデーション設定をグラデーションスウォッチに登録しておき、
120819-10.jpg

新しいグラデーションを作る前にこのスウォッチを選択してグラデーション設定をリセットできるようにしておいた方が作業しやすい、と思います。
120819-11.jpg
No.414 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。