DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  【MacOS X】OSのフォントフォルダを整理する  2013.06.17.Mon / 14:16 
library/FontsなどのOS Xのフォントフォルダにフォントを出し入れして手動管理している場合、OS標準のフォントと追加したフォントの見分けが付かなくなってしまうことがあります。またアプリケーションによってはインストールの際にフォントも自動でインストールすることがあります。

こういったフォントの整理に便利なのが、Font Book.appの「標準フォントを復元」機能。各フォントフォルダにインストールされているOS標準以外のフォントを削除(移動)して、フォントフォルダを整理することができます。

使い方はとても簡単で、「ファイル」メニューの「標準フォントを復元…」を選択して実行するだけ。
130617-1.jpg

「非標準のフォントがすべて削除されます」というアラートが出ますが、
130617-2.jpg

実際には削除ではなく「Fonts(Removed)」に移動されます。
130617-4.jpg

実行結果はダイアログとして表示されます。
130617-3.jpg
残念ながら削除してしまった標準搭載フォントの復元機能はありません。

ちなみにキャプチャで「不足している」と言われているのは「iWork」と一緒にインストールされるフォント。iWorkを使っている方で、追加フォントを削除(退避)させている方はご注意を。

実はこの機能、「FontExplorer X Pro.app」にも搭載されています。
130617-5.jpg

メニューを実行するとダイアログが表示されます。
130617-6.jpg

「Clean…」ボタンを押して実行すると、こちらも自動的にフォントが「デスクトップに移動」されます。
130617-7.jpg
実行後に各アプリケーションの動作が不安定にならないよう「Restart」を促す作り込みが流石!?
No.438 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。