DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  【Illustrator】文字に追従する「×」  2015.03.25.Wed / 09:41 
アピアランスでテキストに追従する「×」を描く方法、「自由変形」を使うと高精度にできることに気付いたのでご紹介。
テキストに追従する「×」は、DTPの勉強会などで茄子川導彦さんが紹介されていた方法を、「自由変形」はDTPtransitで鷹野さんが紹介されていたアピアランスで小ガキを作る方法を、それぞれ参考にさせていただきました。

1.「線」アピアランスを設定する
150325-1.jpg
テキストオブジェクトに対して「線」アピアランスを設定します。この「線」を変形させて「×」を作りますので、文字色よりも上になるように設定してください。また、線幅が×の線の太さになります。

2.長方形に変形する
150325-2.jpg
「線」アピアランスを長方形に変形させます。今回の作例の文字サイズは80Q、作り方はこちらを参考にしてください。
150325-2a.jpg
150325-2b.jpg

3.「パスの自由変形」を設定する
150325-3.jpg
長方形を「パスの自由変形」で変形させます。このとき、手順2で長方形の高さと文字サイズを同じにしておいてください。ここが異なると×と文字の位置がずれてしまいます。
150325-3a.jpg

4.「変形」効果を追加
150325-4.jpg
「変形」効果を使って、手順3で作成した斜め線を反転コピーします。「水平軸にリフレクト」(垂直軸でも可)とコピーを設定します。
150325-4a.jpg

テキストサイズに対して決め打ちになりますが、テキスト全体のバウンディングボックスの四隅を結ぶ×になります。テキストサイズを変更する場合は手順1の長方形のサイズを変更すれば2〜4の設定はそのままでOKです。
No.469 / DTP /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。