DTP屋あかつき@おばなの稼業録。
  PDF/Xって〔その2〕  2005.10.22.Sat / 12:35 
先日のエントリーの続き。
PDF/Xについて、ちょっと考えてみました。

PDF/Xは、もともとデジタル広告をやり取りするための「標準的な」ファイルフォーマットとして生まれたモノで、印刷会社が「楽」をするためのモノではありません。
もし「楽」できるのだったら「値引き」を求められ、自分で自分の首を絞めることになりますし、何もせずに出力できるのだったら極端なハナシ、印刷会社なんていらなくなります。

そもそもPDF/Xは、フイルム/刷版出力・印刷時に、出力できなかったり、そのまま出力すると具合の悪い問題を排除し、信頼性の高いデータをやり取りすることを目的としており、解像度や線幅の不足、塗り足しが存在するかどうかなど、品質的に問題があるが、出力の可否に影響しない問題に関してはチェックされません(これは出力機器(RIPなど)の特性や個々の事情を考えれば、妥当だと思います)。また、PDF/Xだから絶対に問題がないという保障はありません。
つまり、PDF/Xとして作成されたPDFの信頼性は、元のデータの完成度に依存するわけで、データを正しく作成されていることが前提となります。

PDF/Xを運用するのは、従来の工程を整理し、効率化を図り、「無駄な」コストを削減するためだと認識しています。
「無駄なコスト」とは、「無駄な工程」を踏むことによって生じるものであり、「無駄な工程」はDTPの場合、往々にして作成されたデータに問題があるから生じるものです。
なので、PDF/Xにしたからといって、Office系のデータが「楽」に出力できるわけではないし、Officeのデータを出力するためにPDF/Xにするわけではないのです。
Officeのデータを出力できるようにするためにはPDFにしてから加工したほうが効率が良いからPDFに変換しているのであって、「PDFにしたから大丈夫」ということでもありません。

問題のないデータを作るのが大変なのは誰だって同じです。そして、DTPに携わる人間はその大変さ(=手間)と問題のないデータを提供する責任でメシを食っているのではないでしょうか?

エラそうな文章だと思いますが、どうでしょうか?
スルドイ突込み大歓迎です(文章の出来はカンベンを)。
No.8 / 業務日記 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from MM岩手

こちらでははじめまして(?)。こんにちは。

"PDF/X"を調べるときは"blind exchange"って言葉をひっかけて検索すると面白いですよ。

例えば、

http://www.iso.org/iso/en/commcentre/isocafe/isocafe_2.html?printable=true
>PDF/X-1a (ISO 15930-1:2001 and ISO 15930-4:2003) is a file format for what's known as "blind exchange" of CMYK and spot colour data, where all technical information and content is held within one single file and nothing needs to be supplied alongside it. PDF/X-3 (ISO 15930-3:2002 and ISO 15930-6:2003) also allows blind exchange but adds the ability to support colour managed workflows.. The third member of the family PDF/X-2 (ISO 15930-5:2003) offers a format for more open exchanges where all elements may not be present in a single exchange and communication may be required between sender and receiver.

From PDF to PDF/X Finding the right balance between reliability, flexibility and application complexity
http://www.planetpdf.com/mainpage.asp?webpageid=1855

ISO BULLETIN - January 2002 Download a PDF version of the article. [PDF: 315kb]
http://www.planetpdf.com/planetpdf/pdfs/pdftopdfx02-01.pdf

など。

p.s.
にしても日本語のページがほとんどひっかからないのはなぜかしら・・・
#だれかに情報操作されてる気がする今日この頃。

2005.10.22.Sat / 16:04 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from あかつき

MM岩手さま、コメントありがとうございます。
ひっそり始めたつもりですが、DTP Wikiに載ってからたくさんの方にいらっしゃっていただき、うれしくもあり、がんばんないと、と思うこの頃です。

PDF/Xについて、まだまだ狭い意味でしか理解していなかったなあ、と感じました。ISO規格になっている意味など、もう少し突っ込んで勉強してみます。

2005.10.23.Sun / 23:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

■特設

INDD 2016(2016年10月14日、お茶の水ソラシティで開催)



■Profile

尾花 暁(あかつき)

  • Author:尾花 暁(あかつき)
  • 性別:オス

    自称、DTPなんでも屋。
    [すきなもの]作業効率化のマネゴト・技術ネタ
    [苦手なもの]小さい画像のキリヌキ・責了時の修正

    ※公開後にエントリーの文章を修正することがあります。内容を大幅に変更・修正した場合は履歴を明記しますが、誤字脱字の修正など細かい変更に関しては明記しません。

    ご意見・ご要望はページ下部のメールフォームからお願いします。

■訪問者数累計

■お役立ち度

この日記のはてなブックマーク数

■お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 あかつき@おばなのDTP稼業録 All rights reserved.